つれづれ日記2017 by みそかつ。

日常生活での出来事の備忘録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西本願寺花灯明 ~夜の参拝・特別拝観~

DVC00060_convert_20170513135255.jpg
京都市下京区世界文化遺産西本願寺にて、”いちげんさん、大歓迎どす。”、”お西さんに行かナイト。”とキャッチコピーのついた催しが開催中です。
その名も西本願寺花灯明(にしほんがんじはなとうみょう)
京都の他の寺社仏閣で行われている催しと決定的に違うのは入場無料な点。
これは、昨年10月から始まった第25代専如門主 伝灯奉告法要の協賛行事のひとつとして行われているもので、目玉は2つ。
書院の夜間拝観と飛雲閣(ひうんかく)です。
DSC00103_convert_20170513135336.jpg
入場は七条通り側の大玄関門から。
入場開始の19時から20時頃までは人数も多いためか入場制限がかかります。
DSC00110_convert_20170513135408.jpg
唐門(国宝)。伏見城の遺構といわれています。見事な彫刻です…。
DVC00064_20170513151128d39.jpg
同じ唐門を境内の外から。
DSC00114_convert_20170513135435.jpg
書院入り口にて。内部は撮影禁止。

立派な対面所(大広間)と見事な細工、能舞台、天井画、襖絵、欄間の彫刻、迫力のあるお庭等、どれも素晴らしいものばかりでした。

DSC00116_convert_20170513135507.jpg
書院を出て、御影堂(ごえいどう)を眺めつつ…
DSC00118_convert_20170513135609.jpg
飛雲閣(国宝)キター!
桃山時代の雰囲気を現代に伝えます。
DVC00045.jpg
お茶所に展示してあった飛雲閣の模型。全体はこんな感じです。
DVC00021_20170513152352cdf.jpg
鐘楼。他の寺院ではあまり見られない、立派な彫刻で彩られています。
DVC00033_20170513152353009.jpg
御影堂前には期間限定で”おてらかふぇ&まるしぇAKARI”がオープンしています。
DVC00029_20170513152355bf1.jpg
飲食はもちろん、土産物も買えます。
DVC00028_20170513152356a6a.jpg
竹細工の灯り。
DVC00050.jpg

DVC00042.jpg

DVC00053.jpg

行ける方はこの機会に是非!
関連記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。